四季を感じて、旬のものを楽しむ。 無理なく無駄なく程良く暮らそう 


by tulipum
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

秋深まって・・・

c0120591_1748776.jpg















秋も深まってきました。
秋の畑仕事は、球根と宿根草の植え付けがメイン。
あとは、バラの剪定。

今年植えつけた球根は、チューリップ、ユリ(八重咲きのレアもの)、ムスカリ。
チューリップは私の十八番ではずせません。
ユリとムスカリは母が買ってきてくれたので、ありがた~くいただきました。
八重咲きのユリは1球700円もするため自分では買えません。
どんな花が咲くのか楽しみ~♪

宿根草は、いわゆる「ほおっておいても毎年咲くお花」のこと。
花屋にいたときお客さんによく訪ねられた質問にこんなのがありました。

「ほおっておいても毎年咲いてくれて、長く咲くものってある?」

そんな花があれば、確実にヒット商品です。

普通、宿根草というのは毎年咲くけど花期が短いものなんです。
だから、逆に花が咲くことによって季節に移り変わりが感じられる花ともいえます。

最近は、いろんな品種改良が進んで、お客さんの求めるような「毎年咲いて、花期の長いもの」も出てきています。
でも、これらはの花では季節感を感じることは難しいですね。

そして、宿根草を対比するのが一年草。
一年さいて種をつけて枯れてしまう。
その代わり、一年中咲くものも珍しくありません。
なかには、こぼれ種であたかも毎年咲くように見えるものもあります。
コスモスなどがその例ですね。

一年草と宿根草をうまく取り混ぜて、いつも花が咲いているよな畑や庭を考えてつくるのが楽しみなんです。
来年、花が咲いた様子が思い描いたようになるとうれしいですね~
なかなか、思うようにいかないけどね。泣


c0120591_17483993.jpg
















こんなふうに咲いている様子をイメージするとテンションも上がります。

c0120591_18153032.jpg
[PR]
by tulipum | 2007-11-12 18:18 | つれづれ