四季を感じて、旬のものを楽しむ。 無理なく無駄なく程良く暮らそう 


by tulipum
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

サマーレッスン

c0120591_21403015.jpg






c0120591_21452967.jpg

25日に私が所属している日英フラワーアレンジメント協会のサマーレッスンが富山市の自遊館で行われました。
午前はディプロマ(御免状)取得のテスト、午後は協会のチェアパーソンであるかわべやすこ先生のデモンストレーションが行われました。

上の写真はデモの作品2点です。
今回のスクールのテーマは「スピリチュアル」
花の活け方や色の組み合わせによって様々な効用がもたらされるという内容です。

ちなみに、上の赤を中心としたアレンジメントについて
赤は「情熱」や「エネルギー」を表す色で、下に下がるグリーン(葉っぱ)は「周囲に従う」という意味があるそうです。
よって、このアレンジメントは
「情熱を持って周囲の人と仲良くやっていきたい」という意味だそうです。


下のクリーム色を中心としたアレンジメントについて
黄色、クリーム色は金運を表すいろ
なので、「金運アップのアレンジメント」というわけです。


お花をもらって、さらにこんな効用があるなんて得した気持ちになりますよね~^^


c0120591_22032.jpg


中央の黒髪の女性がかわべ先生。
イギリスでガーデンスタイルのアレンジメントを学ばれて、現在も日本のみならず海外でも活躍されています。
そのため、日本人の特徴である黒髪を大切にされています。

関係ありませんが、足が長くて、お尻がキュッと上がっていて、スタイル抜群!
お尻ばかり見てました。(笑)



そして、レッスン。
c0120591_226555.jpg


3種類ある色の中から自分の好きな色を選びます。
私が選んだのはピンク系。
これは恋愛運アップの色です。

そして、作ったのはこんなもの
c0120591_229394.jpg




透明なガラスの花器に水活けします。
カウンセラーでは、「今やらなければいけないと思っているでしょ?」とのこと。
当たっているかもしれません・・・



スピリチュアルについて、胡散臭いと思われる方もいらっしゃると思いますが、私は、さほど抵抗はありません。
ハズレはあまりないような気がします。

そして、後押しして欲しいと思う時など小さなことですが一歩を踏み出すきっかけになったりすることもあります。


c0120591_1934317.jpg

そして、最後にはハーブ入りデサートとハーブティーを。
これは、サマースクールの定番で、生徒さんが持ち寄った自家製ハーブで、自遊館のパティシエさんがデザートを作るという企画です。

どれも、手作りのやさしい味!
サマースクールでしか味わえないものです。




日英アレンンジメント協会  http://nichieiflower.com/


イギリスのフラワーデザイナー エレコレモローニ氏(協会の英国側チェアパーソン)
http://www.flowerbox.jp/info/em/em.html
[PR]
by tulipum | 2007-08-26 22:22 | レッスン

一輪挿し

c0120591_20212849.jpg














毎日暑いです。

夏は、どうしてもお花の持ちが良くありません。
水温が高くなるため雑菌が繁殖しやすく花の茎が腐りやすくなります。

でも、これは毎日水を取り替えて、茎の下を1センチほど切ることでかなり改善されます。
さらに、漂白剤(キッチンで使う液体のもの)を1滴入れることで雑菌の繁殖防止となり、更なる効果が得られます。

色々と、花を長持ちさせるグッズが販売されていますが一番効果的なのはやはり毎日の水かえだと私は思います。
時間的に無理なら便利なグッズや薬品を利用すればよいと思いますが、もし時間があるようなら自ら水かえをされることをお勧めします。

そうすることで、どの花が長持ちするか?何日持つか?など花は色々と教えてくれます。
そして、何よりも水替えの終わった後の花を見ると心がスッキリしますよ。


写真は、毎年畑のそばで咲く小さな花。
あまり日持ちはしませんが、野の花の1輪ざしは涼しげで夏にはとても心地よいものです。
[PR]
by tulipum | 2007-08-18 20:42 |

上を向いて

c0120591_9325056.jpg
















夏・・・
どうしても撮りたかった「ひまわり」がやっと撮れました。
自分で種をまいて咲いた花だから感慨もひとしおです。

富山でも、夏にはこんなに青い空が見られるんですね。
青と黄色は補色(反対色)にあるのでコントラストが強くお互いを引き立てあう関係になります。
夏は、こんなパキッとした色が心地よいですね。


ひまわりの種は6月初めに植えました。
今の草丈は私の身長くらい。
2ヶ月間でここまで大きくなる植物ってひまわりくらいかもしれません。
だから、庭などでも短期間で草丈のあるものがほしかったらヒマワリが手軽でいいですよね。


1メートル以上の草丈のあるものって木以外ではあまりないもの。
マロウ、ジキタリスも使える宿根草です。

c0120591_9441298.jpg

この写真は近くの畑のもの。
チューリップの球根の掘取後(6月中旬)、あいた田んぼにヒマワリの種を蒔いたようです。
ヒマワリの咲かせた田んぼはチューリップがよく育つようです。
[PR]
by tulipum | 2007-08-11 09:47 |